side-area-img-1
富成金属科技は、ヨーロッパNO.1のホイールメーカーであるRonalグループのアジアにおける主要なマーケティング及び生産の中心地として、鍛造トラック用ホイール、乗用車用ホイール、二輪車用ホイールを生産しています。優秀なチームにより開発、テスト、生産、品質保証、マーケティングを行い、卓越した製品を全世界に販売していきます。

049-2633889

3, Yan-Ping 6th Road, Chu-Shan Town, Nantou 55774, Taiwan R.O.C.

Top
 

卓越した技術

品質

当社の生産設備は最新の科学技術を導入し、また第三者による認証基準に適合した設備で、顧客やビジネスパートナーから厚い信頼が寄せられています。
また当社製品は多くの国際的自動車メーカーの認証を取得し、最新品質システムの審査を通過しています。ダイムラーグループやフォルクスワーゲングループ、FCAグループ等自動車メーカーの認定サプライヤー審査に合格し、さらにISO9001、IATF16949、AS9100、NADCAP等の国際認証を取得しています。

当社製品は最高品質保証とイノベーションを指標として徹底した品質管理が行われ、最高品質が確保されています。

製造工程

  1. 原材料準備

    独自の成分配合によるドバイ最高級のアルミニウム合金で鍛造ホイールを生産しています。
  2. 鍛造

    アジア最大規模の12,000トン油圧鍛造プレスは最大50インチまでの巨大航空宇宙製品が製作可能です。
  3. スピニング加工

    最高級のドイツ製大型スピニングマシンを使用し、製品の材料強度を高め、荷重が高く重量の軽い鍛造ホイールを製造しています。
  4. T4/T6熱処理

    NADCAP認証を取得した熱処理設備を使用し、航空宇宙産業レベルの規格で材料を強化します。
  5. 旋盤加工

    卓越したホイール生産技術と最先端の精密生産設備により、高品質の製品を製造しています。
  6. フライス加工

    ヨーロッパで最先端の5軸加工機を使用し、すべてのホイールにおける高精度の真円度と平行度を確保します。
  7. ホイール加工自動生産

    自社開発による全自動トラック用ホイール生産ラインを導入し、旋盤とフライス盤アームを合わせた無人の生産ラインで最も安定した最高品質の製品を生産しています。
  8. 品質管理

    IATF16949の審査基準により、すべての工程において徹底した品質管理を行い、顧客にOEMレベルの品質を保証します。
  9. 洗浄

    最新の自動洗浄ラインでは全自動吊り下げ式搬送設備により自動洗浄を行い、保護膜を形成して製品表面の品質を守ります。
  10. 研磨

    ヨーロッパの最新全自動研磨機を使用し、最先端の技術により光沢のあるホイール製品を生産しています。当社の全自動研磨機では16インチ~24.5インチのホイールの生産が可能です。
  11. 包装

    最新設計による全自動包装及び自動段積システムを導入し、さらに人間工学を利用して包装作業に要する作業者の労力を軽減し、従業員の作業中の事故を防いでいます。

開発設計

ホイール設計においては製品の安全性はもちろん、視覚性やデザイン性が求められ、現在製品の設計にはCAD(Computer Aided Design)が広く用いられています。科学技術の目覚しい進歩により、製品設計は2次元のグラフィックデザインに収まらず、現在は3Dデザインによって作成されています。3Dデザインはより実物に近い形で表現することができ、顧客のニーズにを満たす製品の設計が可能となっています。

現行の製品開発のプロセスはただ製品の設計を指すばかりでなく、開発における全工程の管理、試作品制作及びテスト、試作品の完成、そして大量生産前の各種技術の移転等を含みます。
ホイールは自動車部品の中で保安部品に分類され、走行の安全に直接関係する部品であるため、ホイールの安全性と安定性は特に重要です。

一般的なホイール製品の開発プロセスでは安全走行試験に約1ヶ月を要しますが、富成金属科技ではCAE分析技術を導入し、ホイールのコンセプト設計後に強度及び耐性のシュミレーションを行い、試験の通過の確率を高め、開発時間を短縮しています。
プロジェクトの計画と定義
製品設計と開発
製品とプロセスの検証

CAEはComputer Aided Engineeringの略で、コンピュータによる工学解析という意味です。コンピュータの高速計算能力にデータ解析技術を組合わせ、物理的モデルを数学的モデル化し、実際の試験状況に合わせて数学的モデルに境界条件や荷重を入力し、コンピュータで計算分析を行います。

最先端技術

近年、世界各国の燃費基準は年々厳格化しています。燃費を改善しCO2排出量を減らす方法として、自動車の重量を10%軽量化することでエネルギー消費量を6%~8%、CO2排出量を5%~6%減らすことができるいうデータがあります。また燃油消費量を1ℓ減らす毎にCO2排出量は2.45kg減少します。

このため自動車産業において各部品の軽量化は重要課題となっており、車体の軽量化において最も多く使用されている材料がアルミニウム合金です。特に鍛造アルミホイールはスポーツカーの高性能基準を満たし、また商用車の経済的利益に適合するもので、各自動車メーカーの軽量化設計において主要な材料となっています。

富成金属では軽量化、強度、安全性を実現する最良のバランスを追求し、性能の安定的な向上を基礎としてアルミホイール設計の改良を進め、最新のホイール設計では過去の製品と比べて25%の軽量化を実現しています。また最も厳格な基準とされるTUV試験を通過し、最高級の安全を保障する製品を顧客に提供しています。

富成金属科技は鍛造ホイールの専門メーカーとして技術開発において常に業界をリードしています。そして各種金属を使用した製品を開発し、顧客に最先端の安全な製品を提供しています。

マグネシウムの密度はアルミニウムの約3分の2で、振動吸収性や切削性に優れ、高性能製品の軽量化に最適な金属材料です。富成金属科技ではスピードを追求するレーシングカー用ホイールに応用し、すでに多種類のマグネシウム合金ホイールを開発しています。

富成金属科技では航空機用7000系アルミニウム合金を開発しました。その強度は最も高く、航空宇宙産業の規格を採用し、顧客にさらに軽く、さらに強いホイール製品を提供しています。

お問い合わせ

FULLCHAMPの製品やサービスについてもっと知りたい場合は、私たちに連絡してください、私たちはあなたに奉仕します!